トピックス

映画の日50回記念 中・高生の映画教室

多数の方からのご要望におこたえし、受講対象を小学生(保護者同伴可)から25歳程度の方までに拡大いたしました。
映画上映のほか西垣吉春監督の講演も行いますので、どうぞふるってご参加ください。

<日時>
  2005年9月19日(月・祝) 14:00〜17:00

<会場>

 名古屋市港文化小劇場
 (地下鉄名港線「港区役所」@出口を南へ徒歩3分)

<申込方法>

 ハガキ・ファックス・Eメール・電話のいずれかで、お申し込みください。
 受講証をお送りしますので、ハガキ・ファックス・Eメールでお申し込みの場合は、
 @郵便番号A住所B氏名C年齢D電話番号E受講希望人数を明記してください。
 定員は300名です。
 ※お申し込み時にいただく個人情報は、この事業以外での目的では使用いたしません。

<申込先>
 
 〒460−0008 名古屋市中区栄3−18−1
 名古屋市文化振興事業団 文化事業部 「映画教室」係
 TEL(052)249−9387 / FAX(052)249−9386
 Eメール n-bunka@cjn.or.jp
 ホームページ http://www.culture.city.nagoya.jp

<主催> 
 財団法人名古屋市文化振興事業団/生活衛生同業組合愛知県興行協会

<後援> 
 名古屋市教育委員会

<推薦> 
 中部日本高等学校映画連盟


京都での特別公開、連日「満員御礼」で終了
河合隼雄文化長官、3月25日(金)京都シネマに来館

 3月19日(土)よりアンコール上映中の京都シネマに、3月25日(金)河合文化長官が来館。映画上映終了後、河合長官、西垣監督を交えた来館者の親子、洛央小学校のこどもたちと懇談。子どもたちから次々と長官・監督に質問が飛んだ。
 特別公演は、4月8日まで続き、連日満員の盛会で終了した。



特別鑑賞会のご案内
京都「みやここども土曜塾」で春休み公開

主催:京都市教育委員会/森の学校上映委員会
 
 
 京都において、文化庁の「関西元気文化圏参加事業」及び京都市教育委員会の「みやこ子ども土曜塾」登録事業として、下記の要領でアンコール上映の準備を進めております。
1、趣旨 この映画の鑑賞を通じて、生き物を育む自然の豊かさとともに命の大切さを児童生徒に学ばせる。
2、主催 京都市教育委員会/森の学校上映委員会
3、上映期間 3月19日(金)〜4月8日(金)
午前9時00分から毎朝1回のみ上映
4、場所 「京都シネマ」(烏丸四条下ル西側「COCON烏丸」ビル3階)
5、入場料 幼児・小・中・高校生は無料。おとな1,000円
6、入場申込 希望日の1週間前に、往復葉書またはFAXで、京都シネマに申し込み
<記載事項>
第1〜第3希望日、氏名、人数(50名まで)、連絡先(住所・電話・FAX番号)
また、返信葉書・FAX通知により当日入場
<ご注意> 予約者が優先入場になり、予約なき場合は、満席の為入場をお断りする場合があります。
※「みやこ子ども土曜塾」については、京都市教育委員会ホームページをご覧下さい。


「森の学校」世界各国で上映決定!
国際交流基金協賛4作品
「森の学校」「たそがれ清兵衛」「AIKI」「ごめん」
 日本文化の普及を目的に独立行政法人「国際交流基金」が推進する日本映画の海外公開協力事業で「森の学校」が他3作品と共に選ばれました。
 平成16年夏より世界の日本大使館及び在外日本文化センターで順次公開されます(大使館主催に限る)。只今、海外版製作の為、翻訳作業を急ピッチで進めており、12ヶ国語の字幕が載ります。
世界12ヶ国語に翻訳 字幕スーパーで
 翻訳される12ヶ国語は次の言語です。
 英語、タイ語、アラビア語、ポルトガル語、イタリア語、韓国語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、インドネシア語、中国語。
 公開方法は、35mmフィルム乃至DVD。各国対応が違うとの事。
海外版タイトルは「MASAO」
 「森の学校」のタイトルで製作意図が伝わるだろうか・・・。
 「森」「学校」のイメージでも世界それぞれの解釈があるのではとの思いから、海外版は「MASAO」のタイトルで公開することになりました。巻頭に「MASAO」と入れ、日本版の「森の学校」のタイトル部分は、Japanese title ― The Woods, School と表示します。


西垣監督、長崎放送テレビ
「UPるToday」とラジオ「ラジDON」に生出演

 8月28日放送のテレビ番組ワイドショー「UPるToday」に生出演。長崎での人気の塚田恵子キャスターのインタビューを受ける。夏休み最後とあってか、スタジオは超満員の視聴者参加で、熱気が溢れていた。  番組終了後、同局の報道番組で森の学校の企画・製作意図、鑑賞者へのメッセージなどが収録される。

 また、ラジオ番組「With You」と「ツル亀ラジオ」にも出演。パーソナリティの寄川淑仔さんとのコンビで収録を終えました。「With You」は9/3放送予定。「ツル亀ラジオ」は9/7放送予定。  15時よりラジオの昼ワイド番組「ラジDON」に生出演。親子へのメッセージを村山仁志アナと共に送りました。 楽屋裏では、村山アナの御父さんが児童文学者と言うことで原作の「少年動物誌」や河合先生の話に華が咲\きました。


西垣監督、
「8020推進財団」より感謝状授与

去る3月5日(水)、市谷の日本歯科医師会館で開かれた「8020推進財団の評議会」において、臼田貞夫理事長(日本歯科医師会会長)より西垣監督が表彰されました。


東海テレビにも
河合雅雄先生が出演!

3月26日(水)AM11時05分より東海テレビで放送
東海テレビ「名古屋ニューアングル」特別番組「子育て談義〜子どもと自然、親の役割り(仮題)〜」で河合先生と松原武久名古屋市長が対談。
 河合先生の子育て論・教育論と教育者の経験を持つ市長とが子育てに悩む親に助言を与えます。
 また、市政の重要な課題である環境問題についても、「自然にはたらく人間の心」という視点で、自然の重要性や見つめ方など話題に出る予定。中で森の学校の映像が3分ほど紹介されます。
(放送日予定)3月26日(水)午前11時5分〜11時30分


NHK教育『心の時代』に
河合雅雄先生が出演!
NHK教育に河合雅雄先生が出演。
「こころの時代・故郷への回帰に思う」というタイトルでインタビューに答え、映画についても話題が及びます。その中で、「森の学校」の映像も紹介されます。新聞のTV欄にご注目ください!
3月 9日(日) 午前5時 放送(1時間番組)
3月16日(日) 午後2時 再放送(1時間番組)


三浦春馬君、
NHK大河ドラマ「武蔵」に登場!

「森の学校」の雅雄役で名演技を見せてくれた三浦春馬君が、NHK大河ドラマ「武蔵」にレギュラー出演。2月9日(日)に「城太郎」役で初登場以来、人気上昇中。皆さんで応援しましょう。

_______________________________________________________________________________________________________
 
【 城太郎役とは】
宮本武蔵の弟子。宝蔵院の弟子を破った 武蔵の押しかけ弟子となる。武蔵を心か ら慕う明るくやんちゃな性格の少年。 武蔵とともに修行の旅を続け、武蔵が柳生に挑戦するきっかけをつくる。
_______________________________________________________________________________________________________

 

三浦春馬


遠山文部科学大臣も鑑賞
河合長官の講演と上映会開催される

去る11月6日、虎ノ門ホールで開催された「文化庁研修鑑賞会」には、1,000名近い文化庁職員、家族、文科省職員(一部)が参加。
 18時15分から河合長官の「子どもと自然」をテーマにした講演で始まる。ユーモアたっぷりの講演は、聴衆を魅了した。引き続き19時より「森の学校」鑑賞。拍手喝采のうちに終了。遠山文部科学 大臣、トヨタ自動車関係者他、多数の文化人が加わった上映会だった。


河合先生NHK BS‐2 に出演
世界わが心の旅『アメリカ・シートンの足跡を追って』
    〜旅人 動物学者・河合雅雄〜

当作品の原作者である河合雅雄先生が、「シートン動物記」で有名なシートン博士の足跡を辿り、アメリカ・イエローストーン国立公園に実際に赴き、博士が本当に書きたかったもの、残したかったものは何かを探るドキュメントです。
  本放送 11月17日(日) 午後10:45〜午後11:30
  再放送 11月23日(土) 深夜0:00 〜0:45


河合先生の「私の履歴書」始まる
日本経済新聞の名物掲載記事!!

日本経済新聞の「私の履歴書」に原作者河合先生の連載が10月1日より始まりました。流麗、洒脱な筆致に魅了される名文の連載。こ の機会に先生の人生に触れてみたいものです。


三浦春馬君、NHK大河ドラマにレギュラー出演決定

森の学校で河合雅雄役を好演した三浦春馬君が、来年のNHK大河ドラマ「武蔵」の城太郎役でレギュラー出演が決定!
また、
TBS系 8月27日(火)21時〜「明智小五
郎VS怪人20面相」
でも出演。中国ロケにも参加し、熱のこもった演技が見られました。


河合雅雄先生がNHKラジオの全国ネットに出演
NHKラジオ第一 9月2日(月)朝8時25分からの
「ラジオいきいき倶楽部」に原作者の河合雅雄先生が出演されました。(10時台の約50分間)当作品の話題が中心にオンエアーされました。


"森の学校"が「文部科学省特別選定」に選ばれました
今月初旬に、かねてから申請をしていました文部科学省の審査結果が正式に発表され、なんと「特別選定」作品に選ばれました。
 また同時に、「東京都知事優良映画推奨」・「大阪府教育委員会特選」「大阪市教育委員会推薦」・「京都府教育委員会推薦」も承認されました。
 これらの評価により、いまこの時代に最も必要なことを描いた"より良質な作品"であることが公に認められました。
 以来、事務局には全国各地より上映に関するお問合せやご相談が日々寄せられています。
(兵庫県津名郡一宮町・山形県鶴岡市・愛知県犬山市・宮城県仙台市・
富山県富山市・北海道倶知安町・三重県伊勢市)


篠田三郎さんがテレビ出演
 7/23(火)11:25〜11:30 日本テレビ 「ご存知ですか」
製作時よりご協力を頂いています日本歯科医師会の提供番組に篠田三郎さんが当作品の紹介を兼ねて出演されました。


東京都提供のラジオ番組で作品が紹介
 当作品を「優良映画推奨」として承認いただいた東京都提供のラジオ番組内(7月18日)で、当作品が紹介されました。
・TBSラジオ 『都民ニュース』 7/18(木) 8:47〜8:52
・ニッポン放送 『都民ダイヤル』 7/18(木) 12:46〜12:51
・文化放送 『都民マイク』 7/18(木) 17:45〜17:50


神崎愛さんがテレビ朝日に出演
 7/19(月) 9:55〜10:30 テレビ朝日「うるおい宣言」
神崎愛さんがゲスト出演されました!


京都朝日シネマでのロードショーが大盛況
6月15日(土)より、京都朝日シネマでの先行ロードショーが始まり初日・2日目とも300名を越える入場者が訪れ、劇場関係者の皆さんも驚きの表情をみせていました。また、6月29日からはモーニングロードショーを実施。"立ち見"も出たという日もあり、累計3,000名を 越える動員を記録しました。


西垣監督が各地のラジオ番組に出演
6/26(水) NHK「ネットワーク日本/関西」
NHK大阪放送局より午後3時台の後半のメインゲストとして西垣監督が20分間にわたり生出演されました。(全国放送)
 作品の概要や撮影秘話など興味深いエピソードを披露。
6/28(金) AIR‐G(FM北海道)「週間AIR‐G族 T・G・I・F」
6月27日に札幌地区の業務試写会を実施し、その翌日の出演でした。番組パーソナリティの中田美知子さんも試写会にお越し頂いたこともあり、作品に纏わる楽しい話題で盛り上がりました。


地元高校(篠山)の卒業生のみなさまから
熱いご支援をいただいています

東京近郊にお住まいの「篠山鳳鳴高校」ご卒業の皆様から、当作品を鑑賞したいとの問合せや申込みが、事務局へ1日に数十本もいただいてます。
 地元篠山の風景をふんだんに盛り込んだ映像は、間違いなく卒業生の
皆様のこころを打つことと思います。


札幌地区の試写会を実施しました。

 6/27(木)「札幌アーバンホール」にて業務試写と記者会見を行いました。
当日は、マスコミ記者・ライター・アナウンサーの方々や支援団体の皆様総勢91名の方々が参加され、試写後の会見では、TVカメラも入り、新聞・雑誌記者からの熱心な質問や、西垣監督への単独インタビューなど、1時間を越える会見となりました。
 そして、「ネットワーク地球村」様や「国際ソロプチミスト札幌アカシア」様など上映活動を積極的にご支援を頂けるとのお話しもありました。
 また、この作品をきっかけに石狩郡当別町の有志の皆さんが「フィルムコミッション」(映画誘致活動)組織を設立することが決定するなど、秋の公開に向けて順調な滑り出しを行うことができました。


作品を紹介しているホームページURLです。

http://www.zaq.ne.jp/cinema/head/head.html(ZAQ森の学校)
http://www.minipara.com/pr/top.html(ミニパラ作品紹介)
http://www.cinema-imagica.com/(シネ・イマジカ)*予告編が見れます!
http://www.prince.ne.jp/~sugimaru/sbody.htm(少年映画館)


西垣監督ラジオ出演
3月12日(火)15:00〜17:00 ラジオ大阪(OBC、1314Mhz)
「桂九雀のワイワイじゃーなる」の中で生出演しました。


3月2日(土)NHK総合TVに 河合雅雄先生 登場
3月2日(土)午前9時15分、NHK総合「土曜オアシス」に、映画『森の学校』原作者の河合雅雄先生が出演。
 萬田久子さん司会の生放送で「すてきに人生」のコーナーに登場し、映画の内容も一部紹介されました。